中国銀行はこんなに便利

栃木銀行と北関東経済


栃木銀行と北関東経済

栃木銀行の経済的役割

栃木銀行は北関東の1つ、栃木県の県庁所在地である宇都宮市(http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/)の第二地方銀行です。地元の中小企業や個人客との小規模な取引に重きを置いており、関東の他の地方銀行とも連携をおこなっています。関東圏内の第二地方銀行には東和銀行、東京スター銀行などがあり、栃木県内の地方銀行は足利銀行、関東圏内のほかの地方銀行は群馬銀行(http://www.gunmabank.co.jp/)、筑波銀行などがあります。このように関東は金融機関が多いため、必然的に栃木銀行のような第二地方銀行はリテール取引が主体になるのです。

北関東においては、栃木銀行のような小規模の銀行はリテール取引を多くおこなうことで存在感を示します。リテール取引のメリットは、より小規模つまり地元の顧客と取引をおこなうことで、むしろ大手の金融機関では手の回らないところをカバーできることです。とくに法人においては大手金融機関は中堅から大手の企業と積極的に取引をおこなうため、個人事業主のような顧客はないがしろにされやすいのです。

そのため栃木銀行の存在意義はむしろ地元の法人を守ることだと言えるでしょう。規模の大きな企業と1つ取引することも大きな経済影響がありますが、小さな企業や事業主と複数取引することも地元経済の活性化につながるのです。同じように地元の個人顧客と取引することで、こういった企業取引するために必要な銀行の資産を得ることができるのです。

しかし金融機関を選ぶ際にはどうしてもネームバリューのある大手金融機関が選ばれやすいです。とくに若い層にその傾向があり、ネットバンキングなどの充実などを重視した結果、新興の銀行に人気が集中することもあります。しかし中高年以上の顧客には依然として地元の地方銀行や第二地方銀行の人気が高い傾向にあり、今後新規の顧客を獲得することが各金融機関の課題となっています。