中国銀行はこんなに便利

栃木銀行と北関東経済


中国銀行はこんなに便利

中国銀行のシニア向けローン

ローンといえばカードローンや住宅ローンなど、どちらかといえば働き盛りの若い人が利用するイメージを持たれがちですが、少子高齢化の現代では高齢者の需要も増えています。なぜ高齢者のローン需要があるかというと、退職後の収入が年金だけになるためお金が足りなくなるケースがあるのです。そのためカードローンやフリーローンを利用しようとしても、安定した収入がないという点が審査で不利になり利用できない場合があります。

そこで便利なのが中国銀行のシニア向けローンです。その名の通り65歳以上のシニアしか利用できないローンで、融資限度額は少なくなってしまうものの、高齢者でも高確率で利用できるローンです。使い道は自由ですが、基本的には生活費や趣味の費用に使う人が多いようです。しかし事業資金には使えず、また投機資金にも使えないため、ローンで借りたお金を元手にFXなどで儲けるという使い方はできません。

中国銀行のシニア向けローンを利用する際には複数の条件をクリアしなくてはいけません。というのも退職後の高齢者は収入源が少なく、金融機関にとって貸し倒れのリスクが高いのです。中国銀行では健康でないとシニア向けローンを利用できず、さらに年間の年金収入の半分の額までしか借りられないことになっています。そのため人によっては消費者金融で融資を受ける人もいます。

このように高齢者向けサービスは敷居が高く数も少ない傾向にあるため、利用の際には複数の金融機関の商品を比較するといいでしょう。地方銀行や消費者金融以外に三井住友銀行のようなメガバンクも検討すると選択肢が広がります。基本的には銀行と消費者金融で適用金利や応募条件が大きく異なります。とくに消費者金融は条件が緩い傾向にあります。