中国銀行はこんなに便利

栃木銀行と北関東経済


栃木銀行と北関東経済

栃木銀行への就職と経済発展の関係性

大学生の就職先は文系だと商社や大手メガバンクのような金融機関が人気です。とくにここ数年人気が安定しているのは三菱グループで、三菱東京UFJ銀行や三菱UFJ信託銀行は男女ともに希望の就職先として人気があります。金融機関への就職は人気の銀行が変わるだけでもともと需要があり、大手ともなると高い倍率になります。

このような金融機関に就職するということは、金融の知識を深めてキャリアアップできるという学生目線のメリットもありますが、金融機関という必要不可欠な業界の人員が増えるという経済的な意味もあります。とくにメガバンクのような大手金融機関だと大企業が顧客となるため仕事の規模が大きく、動く資金も桁違いです。そのため中小に比べると仕事が多いですが、それだけ経済的存在感があるのです。

人気就職先は時代や景気によって多少の流行り廃りはあるものの、基本的にはあまり変わりません。金融機関は経営破たんしても国有化されたり経営統合されて新しい銀行になったり、いざというときの安全策がはっきりしているため、安定が重視される最近ではことさら人気が高まる傾向にあります。地方銀行とメガバンクでは平均給与に大きな差があるため、メガバンクに人気が集中してしまいますが、地方銀行も安定性と仕事量の面でメリットがあります。

経営破たんしても救済策があるということは、逆に言えばそれだけ必要性が高いということなので、常に人手を求めている業界ということでもあります。そのため金融機関を想定した資格取得や学部選びは経済と自分両方のためになるのです。金融機関に就職することで、資金運用に関する知識が増えて実生活にも活用できるという、ささやかなメリットもあります。