中国銀行はこんなに便利

栃木銀行と北関東経済


中国銀行はこんなに便利

中国銀行で外貨預金

円定期預金を使って円通貨を運用するのが最も多い資産運用の形ですが、外貨預金で外貨を運用するのも魅力的です。資産運用というとどうしても投資信託などハイリスクハイリターンな商品を連想しがちですが、外貨預金や国債といったワンランク低リスクの商品もオススメです。外貨預金とは日本円以外の外貨で預金する商品のことで、アメリカドルやオーストラリアドル、ユーロなどの有力な外貨が人気です。

中国銀行では外貨普通預金と外貨定期預金を扱っています。取扱い通貨は人気の高い国際通貨が中心ですが、最近急成長している人民元(http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/detail/?code=CNHJPY=FX)も扱うなど、地方銀行にしては比較的果敢な運用が可能です。しかしながら外貨預金は円預金と違って預金保険の対象外なので、為替相場によっては元本割れのリスクがあり、慣れるまでは普通預金での運用が無難です。とくに中国銀行が扱う人民元はまだまだ通貨としての安定性に欠けるので、慎重になる必要があります。

外貨預金で利益を稼ぐ方法は二つあります。一つは利息、もう一つが為替差益です。為替差益とは異なる通貨を取引する際のレートの違いを利用して差額を稼ぐことです。外貨預金を利用する場合だいたいはこの為替差益を目的とするのですが、為替相場によっては為替差損になってしまいます。そのためいつでも引き出せる外貨普通預金が安心なのですが、どうしても外貨定期預金を利用したいという場合には先物為替予約がオススメです。

先物為替予約とは、預金を受け取る時期とその際適用される為替相場をあらかじめ決めておくことです。そうすることによって為替変動関係なく決めた相場での適用となり、為替変動リスクを解消することができます。中国銀行ではこの先物為替予約をおこなうことができるため、為替差損のリスクをなくすことができます。しかし想定よりも有利な為替相場になった際でも最初に決めた為替相場の適用となるので、想定外の利益を上げる可能性もなくなってしまいます。